<当院の特徴>


健全な歯周組織や歯を守り、そしてそれを維持することを目標とする健康志向の診療室です。

最新の治療を導入していくことももちろんですが、それよりもホームデンティストとしてスタッフとともに継続的に長く患者さんと接していくことに力を注いでいます。

院内LANを組み、デジタルカメラで撮影した画像を液晶画面で説明したり、放射線量が少なくてすむ患者さんに優しいデジタルレントゲンも導入しています。

歯科衛生士による患者担当制を採用しており、専用チェアーにより一人一人の患者さんに合ったきめの細かいお口の健康管理を行っています。


<院内設備>

左:受付 中:待合室 右:歯科衛生士専門チェアー


左:医療用空気清浄機

診療室に漂うウイルスや細菌はもちろんのこと 家庭用では除去しにくい金属片や歯牙削除片を 効率的に除去します。

右:口腔外バキューム

タービンや電気エンジンの使用によって口腔外に飛散する汚染物質を効率的に吸引します。


左:医療用器具洗浄機 中:タービン類高圧注油機 右:酸性水・アルカ                        リ水生成機

基本セットやバー、外科用器具及びその他の器具は医療用洗浄機により高温洗浄を行い、タービンと電気エンジンは、高圧注油装置にて注油を行い、侵入した汚染物質を除去しています。 高圧蒸気滅菌できない器具類は、酸性水にて滅菌を行います。また処置中器具類に付着した血液などの体液は、アルカリ水にて超音波洗浄を行い、十分に分解しています。


その後タービンや電気エンジンさらに基本セットや外科用器具はもちろんのこと他の器具もオートクレーブにて高圧蒸気滅菌を行っています。 滅菌にあたっては、基本セットは患者様ごとに滅菌パックに入れ、さらに使い捨て紙エプロン、紙コップを使用しております。


    左 エアフロー 右 カボジェット

重曹の粉末をエアージェットにして、歯面に吹き付けて歯に沈着した汚れを取り除きます。コーヒーやお茶などの色素沈着やたばこのヤニの除去に非常に有効です。


レーザー治療
写真をクリック
位相差顕微鏡
位相差顕微鏡

位相差顕微鏡

お口の中から歯垢を採取することにより

動き回る細菌を目で見ることができます。

治療前後の細菌数の変化がわかって頂け

ます。 下の画像をクリックすると実際の

お口の中に住む細菌を見ることができます。

歯に着いた歯垢を器具でこすり取り、それを位相差顕微鏡で観察すると左図のように実に色々なものを見る事ができます。細菌にはいくつもの種類が存在し、活発に動き回るものもいて驚かされます。歯周疾患の程度により、見え方が変わり、術前術後を観察することによりその回復の程度を判断することが可能です。

歯周疾患の程度よる相違
歯周疾患の程度よる相違

ピエゾサージェリー

ピエゾ電流を用いた超音波外科器具です。この器具は、普通のバーやメス、ドリルと違い、硬組織(骨や歯牙)のみを削除し、軟組織に損傷を与えることがない画期的な装置です。これによりインプラント植立や抜歯、歯周外科などの外科処置において近接した軟組織、神経、血管の損傷を著しく減少させることにより侵襲を最小限とし、止血管理された明視野での処置を行うことが可能になります。近年開発された装置です。

デジタルレントゲン
デジタルレントゲン

デジタルレントゲン(YCR21XG)

通常のレントゲンと比較して被爆放射線量が10分の1に

軽減されます。

またこの機種は、医科用では常識である対数変換技術

による高精細画像を導入した唯一の機種です

他社の装置では、導入されておらず、白黒の濃淡がはっきりでず、アナログのレントゲン写真と比較して、初期 虫歯や嚢胞などを見 逃すおそれがあります。