<歯列矯正>

<ジュニア矯正について>

成人の矯正治療は主として咬合の変化を成長しきったあごに求めるため、限界があります。これに対しジュニアの矯正治療は、活発な成長発育と高い適応能力によって良好な結果が得られます。すなわち、矯正治療によるあごの移動は咬合の改善のみならず、咀嚼機能の向上につながります。さらには将来にわたって虫歯と歯周病の危険性を減少させます。いわば矯正治療の本質といえます。できるだけ早い時期に矯正治療を受けられることをお奨めします。


<不正咬合の種類>

下顎前突
下顎前突

下の前歯が上の前歯より前に出ています。まず前歯の反対やあごの前後関係を改善する初期治療をし、永久歯列が完成してあごの成長量が少なくなった時点で本格的治療を開始します。上顎前突のケースと比較して長期的な治療が必要になります。乳歯列の場合でも治療可能であればあごの前後関係をまず改善し、その後永久歯の萌出を経過観察していきます。


上顎前突
上顎前突

上の前歯や歯列全体が前に突き出ています。前歯の関係とあごの関係を改善する初期治療を行います。この方の場合、最終的に審美的顔貌を改善するために抜歯ケースとなりました。


開咬合
開咬

開咬とは、奥歯はしっかりと咬んでいるのに前歯が閉じない状態をいいます。

舌癖(舌を前に突き出したりする癖)により、開咬となったケースです。MFT療法(筋機能訓練:お口の周りの筋肉の強化や飲み込む時の舌の使い方などの訓練)と併行して舌が前に出ないような装置を入れてもらい治療していきます。早期であれば、簡単な装置で直りますが永久歯列が完成してしまうと、治療期間が長くなります。


交叉咬合
交叉咬合

1の写真では、○の奥歯の部分が上下反対に、そして正中がずれています。2の写真では奥歯の状態が正常に、正中のずれもほぼ戻っています。このまま放置した場合、あごの成長とともにずれが大きくなり、顔貌にも目に見えて変化が現れ、顎変形症となる可能性があります。態癖(頬杖や就寝時の寝癖などの生活習慣上での癖)などによって引き起こされている可能性もあります。


MIA
矯正用マイクロインプラント
MIA
矯正マイクロインプラント

1992年当時、最終的な治療方針を決定していた訳ではありません。現在の形態のチタン製デンタルインプラントは臨床応用されはじめたばかりで一般的でありませんでしたし、ましてや矯正用ミニインプラントはまだ世にでていませんでした。考えていたのは、第一大臼歯の歯胚が成熟し、ちゃんと萌出してほしいということと、経過観察の間何とか周囲の歯列が乱れないでいてほしいということだけでした。最終的には第一大臼歯の歯胚は抜歯となり、義歯は使ってもらえず、上の歯は延び、第二大臼歯は傾き、歯列の乱れを生じました。しかし幸いにして医療の技術的進歩は非常に素晴らしく、この矯正用ミニインプラントの登場により、いったん延びてしまった歯や欠損部分が長い傾斜した孤立歯を元に戻すことが、非常に楽に行うことができ、デンタルインプラントも成功率が飛躍的に向上し、最終的にブリッジのために歯を削ることなく治療を行えました。


<色々な矯正装置>

矯正装置
矯正装置

<ビムラーについて>

ビムラー
ビムラー

床矯正装置には、バネやスクリューネジで力をかけて歯を動かしていくタイプと機能矯正装置といってそれ自体は力を加えることはないが、装着することにより口腔内の筋肉を刺激すると同時に舌や口腔内の筋肉の力を排除し、その結果、顎の拡大や成長さらには歯の正常な萌出を促すものがあります。ビムラーは後者の一種です。

1949年にHans Peter Bimlerによって開発されました。50年以上の歴史があります。短期で結果がでる装置でも寸分たがわず歯をきれいに並べていく装置でもありませんが、特に混合歯列期の子供たちにとっては非常に有効な装置です。ただ全てのケースに応用できるものではありませんので、ご相談下さい。

特徴としては以下の点があります。

 

 1.基本的には夜寝ている間だけ装着するだけで効果がで                 

   る。(最低8時間は装着する必要がある。)

   したがって学校につけていく必要がない。

 2.取り外し可能で、しかも唾液分泌を促すので虫歯や歯肉炎になりに

   くい。

 3.装置自体が力をかけることがないので、ほとんど痛むことがない。

 4.7歳~9歳から始めると非常に効果的。(ヨーロッパでは大人でも使用することが

   ある)

 5.ゆっくりと時間をかけて顎や歯が動いていくので後戻りがほとんどない。

 6.小さい頃から始めると将来的な抜歯ケースが非常に少なくなる。

 7.軟組織にも効果があり、不正咬合の原因となる舌癖、口唇癖なども治ることがあ

   る。


<ビムラー症例>

Bimler 1
ビムラー1

Bimler 2
ビムラー2

症例1、2ともに下あごが前進し、噛み合わせが挙上するとともに、上あご、下あごともに拡大し、歯間の隙間やらんぐいの状態が改善されています。年単位の期間がかかりますが、夜装着するだけでここまでの効果があります。スクリューやバネが入る装置では、とても一つの装置でここまで改善させることは不可能です。数種類の装置で治療しないと無理ですし、24時間の装着が必要です。ここまでくれば、第2期の矯正(細かい歯の移動などの最終仕上げ:歯にワイヤーを通して移動させる方法)が必要なくなるか、非抜歯で行えるので、第2期の治療期間が短くなります。


<早期治療の有効性>

早期治療の有効性
早期治療の有効性

<矯正認定医>

矯正認定医
矯正認定医