床比較
床比較
部分金属床義歯
部分金属床義歯

 

 

 

金属で製作された部分床義歯。 

レジン床義歯と比較して前述のように装着感、食物の味、強度とも格段の差があります。

義歯には、レジン(樹脂)のみで製作されたレジン床義歯と金属を使用した金属床義歯があります。レジン床は保険適用で安価ですが、金属床義歯と比較して壊れやすく、厚みがあるために

異物感や味がわかりにくい欠点があります。金属床の場合は、保険が効かず高価ですが、レジン床と比較して強度もあり、熱を伝えやすく薄いため、異物感が少なく、食物の味がよくわかり美味しく食べられます。

金属床にもコバルトクロム床とチタン床があります。チタン床は、コバルトクロム床と比較してアレルギーの発現がきわめて少なく、軽いので装着感は極めて良好です。


<コーヌス義歯>

コーヌス原理
コーヌス原理

正式名称はコーヌステレスコープ義歯と呼ばれています。そのしくみは、左の写真の茶筒のふたの原理を応用したものです。茶筒のふたはいったんはまってしまうと摩擦でなかなかはずれません。削った歯の上に精密に角度をつけた内冠をかぶし、セメントで合着します。外冠は、義歯と一体化して取り外しができる仕組みになっています。ちょうど義歯と固定性のブリッジの中間に位置している装置です。

特徴としては以下のようなものがあります。

 

 1.はずれにくい、動きの少ない義歯となる。

 2.一部の歯が弱くても、数歯にコーヌスを応用す

   ることに より固定することができる。

 3.義歯を外せば、清掃がすごく容易である。

 4.こわれにくい。

 5.たとえ壊れたり、歯が抜けていっても追加補修が容易。

 

非常に利点の多いコーヌスですが、全てのケースに応用できる訳ではありません。欠点として歯牙を必ず削らなければいけないということです。MIの考え方でいえば、相反する装置です。すでに神経をとってある歯や、詰め物がある歯が多い場合には、それほど抵抗はありませんが、 天然歯(虫歯のないきれいな歯) がほとんどの場合、歯を削るという最大のデメリットを 考慮した上で、選択する必要があります。 

<症例>

コーヌス症例
コーヌス症例1
コーヌス症例
コーヌス症例2

磁性アタッチメント
磁性アタッチメント

義歯側に磁石の磁性体を取り付け、根面にキーパーと呼ばれる磁性金属を取り付けた構造です。

磁石の吸引力で義歯を安定させ、ピタッとフィットします。目に触れることなく審美性に優れ

取り外しも簡単で、歯に負担をかけません。インプラントにも利用可能で、非常に優れた装置

です。ただペースメーカ装着者には禁忌ですし、MRI撮影時には義歯をはずして撮影する必要

があります。


義歯比較
義歯比較表

<注>

*クラスプとは、歯にかける金属製のバネのことを言います。

*前述の金属床や磁性アタッチメントは、コーヌス義歯やノンクラスプ義歯との併用が可能で

 す。

*ノンクラスプ義歯は、金属床や磁性アタッチメント、レスト(沈み込み防止装置)を付けるこ

 とにより歯や顎を守る安全性が増し(★★★)ます。

これらの装置は一長一短があります。インプラントは歯を削らない、残存歯の負担がないとい

 う最大の長所がありますが、外科的処置を伴います。全身疾患の持病をお持ちの方には注意が

 必要です。コーヌス義歯は、外科処置が必要なく、義歯としての安定性では非常に満足のいく

 ものですが、支台歯が健康な歯の場合、歯をどうしても削らなくてはなりません。

 当院では、患者様の希望、口腔内や全身状態を十分に把握させて頂いて、個々の患者様に最善

 と考えられる処置をさせて頂きます。決して一つの治療を押しつけることはありません。 

義歯症例1
義歯不適合による歯肉増殖