<医院の特徴>


1. 衛生管理

当院では、徹底した衛生管理を行うことで、院内感染予防に努めています。

歯科ユニットウォーターライン除菌装置

『ポセイドン』

歯科では水を沢山使用します。従来は、普通の治療には水道水をそのまま使用していました。ただ治療における感染のリスクを出来るだけ0に近づけるためには、水道水の除菌にまで気を配る必要があります。ポセイドンは一切の添加物を加えることなく水道水の残留塩素濃度を調節し、1ppmから45ppmまで高めた電解中性機能水」を作り出す装置です。この機能水は、殺菌力を持つにもかかわらず中性なので人間にも自然にも優しい水す。導入前には、歯科ユニットの細菌バイオフィルムの除去を目的にユニットクリーニンも実施しております。当院では、トイレの水や手洗いにもこの水を使用していますのでご安心下さい。


左の証明書は、ポセイドン設置後の当院の水質検査結果です。

 

京都大学医学部附属病院歯科口腔外科外来手術室にポセイドンが導入されています。その結果、タービンなどからでる水に含まれる細菌がほとんど検出されなくなったことがわかります。

2012年のLancetに掲載された論文では、イタリア人の82歳の女性がレジオネラ肺炎で死亡し、その原因が歯科医院のユニットの水から検出されたレジオネラ菌が原因であったと報告されています。    


機器の消毒・滅菌


基本セットやバー、外科用器具及びその他の器具は医療用洗浄機により高温洗浄を行い、タービンと電気エンジンは、高圧注油装置にて注油を行い、侵入した汚染物質を除去しています。 高圧蒸気滅菌できない器具類は、酸性水にて滅菌を行います。また処置中器具類に付着した血液などの体液は、アルカリ水にて超音波洗浄を行い、十分に分解しています。


2. 正確な診断・治療

当院では、より正確な診断・治療を行うために、様々な最新の機器を導入しています。

歯科用CT・デジタルX線

ベラビューエポックス3DF」 を導入しています。

1台でパノラマ撮影(全歯列一覧画像)、セファロ撮影(歯列矯正用規格写真)、3DCTによる立体画像)撮影が可能です。 最先端のデジタルテクノロジーを駆使し、より少ないX線照射線量で、高品質画像が得られる、3D画像のためのパノラマX線装置です。


歯科用顕微鏡

ライカマイクロスコープ(歯科用顕微鏡)を導入しています。今後歯科治療においてマイクロスコープは必須となってきます。マイクロスコープを使用することよって、目視では不可能なレベルの精度の高い治療が可能になります。またフルハイビジョンカメラによる高精細なドキュメンテーションで、患者さんにより正確な情報を提供することができます。    


拡大鏡(ルーペ)

ルーペを使用することで、肉眼で見るよりも正確に患部を視認することができるため、余計に歯を切削することなく、より最小限で確実な治療を行うことが可能になります。

根管拡大装置

歯の神経を取った後、神経のあった根管を拡大形成し、お薬をしっかりと根管に詰めやすくするための機械です。

コードレスでコンパクトなボディに根管長測定機能を搭載。熟練した術者の手指の細やかな動きを再現し、これ1台で穿通 ・ グライドパスを含む根管拡大形成を根管長測定機能との連動により、より速く行うことが可能です。*

電動麻酔器

麻酔の注入スピードをコントロールすることで、麻酔時の痛みを軽減することができます。


歯面清掃器

上はEMSのエアフロー、下はKaVoのプロフィーフレックスです。どちらも重曹やエリスリトール(糖アルコール)、グリシン(アミノ酸)の細かな粉末を噴射して、歯面の汚れを落とします。

位相差顕微鏡

ご自身の口腔内に存在する細菌を観て頂いています

笑気麻酔

亜酸化窒素というガスを吸引して治療を受けることで不安が減少し、痛刺激を乗り越えることができます。このガスは体には無害です。また保険適応ですので値段も安価です。歯科治療に恐怖心のある方は是非一度お試し下さい



3. 医療安全

当院では、患者様はもちろん、当院で働くスタッフに対しても安全な医療を心がけています。

口腔外バキューム

歯の切削に件って発生する飛散粉塵には種々の口腔内細菌が付着している可能性があり、歯科診療室汚染につながります。口腔外バキュームによって、飛散粉塵の80%以上を除去できます。

生体情報モニター

外科的処置は、血圧・脈拍・血中酸素濃度等の生体情報を常時測定しながら行います。

これにより異常が生じた場合素早く対処することが出来ます。

空気清浄機

医療専用の空気清浄機で、口腔外バキュームで除去しきれなかった粉塵を除去します。

特に歯科特有の金属片の除去に強みを発揮します。

AED(自動体外式除細動器)

AEDとは、突然心臓が正常に拍動できなくなった心停止状態の心臓に対して、電気ショックを行い、心臓を正常なリズムに戻すための医療機器です。



4. バリアフリー

当院は、全ての患者様に安心して通っていただける医院を目指しています。

玄関のスロープ

手すり

トイレ

車椅子