<ホワイトニング>

1.オフィスホワイトニング(レーザーポリリン酸ホワイトニング)

  ポリリン酸は色素分解酵素の一つで、食品添加物として使用されており、人体への安全性が認められ  ています。きとしてはきく分て2つあります。

  歯医院でのホワイトニングでは、過酸化水素を使用します。この薬剤は、歯の表面を通過し、内部

  に侵入し色素(ステイン)を分解することが出来ます。しかし刺激が強く、歯肉のただれや知覚過敏

  を引き起こします。医療機関以外では使用することが出来ません。美容室とのホワイトニングの違い

  はここにあります。

  ポリリン酸は、過酸化水素の刺激性を 緩和する作用が、痛みや知覚過敏などの作用がでにく

  くなります。

  歯の色がくすむ原因には、タバコのヤニやコーー、紅茶緑茶ワインなどのまれる色素で 

  1度着色すると除去は容ではありません。までは、このな着色にして、歯面のさなに入

  り込んだ着色の除去非常困難で、無理除去すると歯面を果的にたな着色をやす

  原因となっていました。

   しかしポリリン酸は、歯の表面に付着したステイン(やたばこのヤニ)に近づくとれを浮か

  せてはがし、歯面をきれいにすると同時に、歯の表面をコーティングすることにより、歯面の強化・

  ステインの再付着を防止するきがあり、キラキラで透明感のある白い歯に仕上がります。

 

 

レーザーを使用する利点は、安全で早いということです。

過酸化水素を活性化するために従来法では青色LEDを使用していましたが、図のように波長と強さのそろったレーザー光により効率よく、短時間で薬剤が活性化されます。また処置中に発熱せず、歯質や歯髄(神経)を痛めない

ため知覚過敏も起こりにくくなります。過酸化水素を活性化するのにレーザーでは30秒ですみますが、青色LEDでは9分もかかります。しかも処置中に発熱も起こり、メラニン色素(黒色色素)の沈着を起こしやすくなります。

 

2.ホームホワイトニング

 過酸化尿素の濃度としては、オフィースの場合より少し低濃度のものを

   使用します。

 まず歯形を採り、自分のお口に合ったオーダーメイドの薬剤を入れるト

   レーを透明な軟性樹脂で作ります。

 そのトレーに薬剤を注入し、歯には めて漂白をしていきます。 基本的

   には、基本は1日2時間装着します。3週間~4週間行います。

 (写真は、使用薬剤例)

ホームホワイトニング
ホームホワイトニング

3.ホームとオフィースの違い

 オフィースの場合は短時間でできるというメリットがありますが、そ 

   の分白くなるなり方が不自然です。

 例えばハリウッドスターの歯の色といったイメージでしょうか。また

   ホワイトニング効果にむらができる場合 があります。

 ホームの場合は、時間はかかりますがゆっくりと白くなっていくので

   透明感がある色になります。